ごあいさつ

代表取締役社長

代表取締役社長
光武 信一郎

極上の満足をかなえるお菓子づくりこそ、
創業以来、受け継いできた確かな信念です。

至福の美味しさと寛ぎのひとときを、お客様にお届けすること。
お菓子づくりの技を磨き、真心とともにお届けすること。
これこそが、昭和初期、武雄市北方で創業してから八十有余年、
私たち光武製菓が大切に受け継いできた信念です。

どこまでも安心を追い求め、良質の素材にこだわることが、
極上の満足をかなえるお菓子づくりにつながることを信じ、
激動の時代の波を乗り越えながら、一途に精進を重ねてまいりました。

これからもお客様の声に真摯に耳を傾けながら、
古き良き伝統をしっかりと継承していくとともに、
新しいものづくりの可能性に果敢に挑み続けます。

さらに、ふるさとを代表する名物「武雄の甘納豆」をはじめ、
数多くの皆様に親しまれ、愛されるお菓子づくりを通じて、
地域の発展に少しでも貢献できること願い、社業に励んでまいります。


会社概要

社  名
光武製菓株式会社
代表取締役社長
光武 信一郎
設  立
昭和41年
資本金
2,500万円
所在地
【本社・第1工場】
佐賀県武雄市北方町大崎556-5
【第2工場】
佐賀県武雄市北方町志久2373
従業員
34名
取引銀行
佐賀銀行 北方支店
商工組合中央金庫 佐賀支店
福岡銀行 佐賀支店
主仕入先
安部商事、森光商店、DNP西日本、杉原産業、
かね善、児島段ボール、日本香料薬品、太陽包装
主販売先
コンフェックス、扇屋食品、オガワ食品、 ヤマザキ食品、
エヌエス、一榮食品、高山、山星屋、カネタ・ツーワン
営業品目
甘納豆、ポリ詰め清涼飲料水

会社沿革

昭和初期
初代社長 光武商店として甘納豆製造、菓子小売業開始
昭和41年
事業拡大に伴い法人化、資本金200万円
昭和49年
資本金350万円に増資
昭和51年
ポリ詰め清涼飲料水製造開始
昭和53年
資本金800万円に増資

昭和55年
光武信雄社長就任
昭和58年
工場内ライン化
昭和63年
資本金1,000万円に増資
平成2年
大型自動乾燥機導入
平成5年
大型コンピュータスケール導入

平成6年
ピロー包装機導入
平成7年
新工場落成
平成8年
通信販売業務開始、通販事業部「甘右衛門」
平成14年
資本金1,800万円に増資
平成14年
清涼飲料水工場全自動ライン化

平成15年
自動倉庫システム完成
平成16年
資本金2,500万円に増資
平成18年
井水浄水逆浸透装置設置
平成20年
自動計量システム導入
平成21年
自動計量包装機 増設(個包装用)

平成22年
紙型充填装置
パレットストック搬送ライン装置
自動計量包装機 増設(個包装用)
平成24年
衛生環境に配慮した最新のHACCP対応工場竣工
(お菓子メーカーとして全国トップレベルの衛生基準)
光武信一郎 代表取締役社長就任

平成26年
日本科学技術連盟ISO審査登録センタ―
HACCPシステム(JUCE-HACCP)登録
平成29年
第2工場稼働開始

会社紹介

各種テーマ音楽

甘納豆

黒豆しぼり

棒ジュース